mileage run

弾丸旅行が多いInfrequent Flyerのブログです。

【搭乗記】羽田発のタイ国際航空の深夜便でバンコク経由クアラルンプール、最新鋭機A350-900XWBのエコノミークラス利用!

タイ国際航空の羽田発の深夜便

今回の旅のメインはシンガポール関空間でシンガポール航空B787-10のビジネスクラスを体験すること。詳細はこちらをご参照ください。

mileagerun.hatenablog.com

 

今回の旅の目的地はクアラルンプールになのですが、往路はタイ国際航空を利用してバンコク経由で向かいます。

 

羽田からは0時過ぎに出発するTG661便を利用することにしました。私のようにそう若くない者だと体へのダメージが気になるところですが、現地到着後も観光ができるので非常に利用価値が高い便だと思います。

 

ちなみに、TG661便は6月から機材がB747から最新鋭機A350-900XWBに変更になりました。

f:id:mileagerun:20180611082928p:plain

 

f:id:mileagerun:20180611083247p:plain

 

6月中旬からは、B787A350でLIVE TVが観られるようになりました。

www.traicy.com

 

TG661の機材がA350に変更になってからの動画や搭乗記って意外にネット上にないことがわかりました。ということで、今回搭乗記を書くことにしました。

 

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジで乞食活動

羽田空港国際線ターミナルへは20時過ぎに到着。さっさとチェックインしてラウンジ飯漁るぞ〜・・・と思ったら、チェックインは出発3時間前の21:20からでした。わー、1時間どっかで時間つぶさないといけないじゃないかー。しょうがないのでベンチに座って静かに時間がすぎるのを待ちました。

 

予定より約30分早くチェックインカウンターがオープン。エコノミー利用ですが、当方☆Gなのでビジネスクラス用のカウンターでチェックイン。

f:id:mileagerun:20180803232444j:plain

 

出国審査を終えANAラウンジへ。タダで晩ごはんを漁るためです。

f:id:mileagerun:20180803232358j:plain

f:id:mileagerun:20180803232309j:plain

 

A350の機内へ

TG661便は前日の午後バンコクを出て同日夜に羽田に到着するTG660便の機材を使ってバンコクに折り返します。家を出る前にFlightradar24を使って使用機材を調べたところ「HS-THE」という機体番号の機材ということが判明しました。2017年6月にデリバリーされた機材とのことです。

f:id:mileagerun:20180803154338p:plain

 

調べたときは、羽田に向けタイ上空を↓こんな風に飛んでいました。

f:id:mileagerun:20180803154529p:plain

 

TG661便の搭乗口は105。一番端っこなので、ラウンジを早めに出て搭乗口に向かいました。搭乗口は長蛇の列。ですが、☆Gなので優先搭乗させていただきました。

f:id:mileagerun:20180805064552j:plain

 

機内の様子はこんな感じ。

f:id:mileagerun:20180805072343j:plain

 

標準的な日本人体型の方なら窮屈さを感じない足元の広さがあると思います。

f:id:mileagerun:20180805072439j:plain

 

ディスプレイは大きめ。タッチスクリーンの感度も良かったです。

f:id:mileagerun:20180805072914j:plain

 

尾翼に設置されたカメラからの映像を楽しめます。

f:id:mileagerun:20180805074201j:plain

 

深夜便なので、安定飛行に入ってすぐにドリンクと軽食としてサンドウィッチのサービスがありました。ラウンジでたらふく食ったのでお腹一杯ですが、貧乏性の私は親の躾通り残さず食べます。

f:id:mileagerun:20180805074332j:plain

 

ベトナム沖まで来ました。

f:id:mileagerun:20180805074408j:plain

 

このタイミングで機内が少し明るくなり、朝食が配給されます。2種類あったようですが、何も言われずポンとこちらが出されました。

f:id:mileagerun:20180805074441j:plain

 

無事バンコクに到着。

f:id:mileagerun:20180805074529j:plain

 

早朝のバンコクタイ国際航空シンガポール航空のラウンジにて乞食活動 

到着予定はバンコクの時間で4:50でしたが、実際には4時半前に到着しました。入国はせず、クアラルンプール行きに乗り換えするために、コンコースA、B、C、Dの十字路付近にあるエスカレーターで国際線出発フロアに向かいます。乗継便の搭乗券を受け取ってない方は、国際線乗り継ぎカウンターで受け取ってください。

f:id:mileagerun:20180805075058j:plain

 

無事に国際線出発フロアに出れました。クアラルンプール行きTG415便の搭乗口がF2Aだったので、そこに近いラウンジを使うことにしました。この時点でまだ午前5時。☆Gが使えるTGラウンジに向かいます。

 

なぜか毎回撮影してしまう。

f:id:mileagerun:20180805080500j:plain

 

コンコースEのTGラウンジを目指します。

f:id:mileagerun:20180805080617j:plain

 

ラウンジに入場。入場時、搭乗券を機械にかざすとWiFi用のコードを発行されました。24時間開いているラウンジですが、この時は数名しかお客さんはいませんでした。

f:id:mileagerun:20180805080735j:plain

f:id:mileagerun:20180805080813j:plain

f:id:mileagerun:20180805080849j:plain

 

こちらではフルーツとエスプレッソをいただきました。

f:id:mileagerun:20180805080935j:plain

 

TGラウンジが激混みになってきたので、6時半に開くシンガポール航空のラウンジへ移動。

f:id:mileagerun:20180805081018j:plain

 

こちらのほうが落ち着きがあってゆっくりできました。バーカウンターの後ろに食事のゾーンがあります。種類もTGラウンジよりも多くて、ハーゲンダッツも食べ放題です(ずっと人がいたので写真は控えました)。

f:id:mileagerun:20180805081053j:plain

 

クアラルンプール行きに搭乗

搭乗ゲートまできました。

f:id:mileagerun:20180805102146j:plain

f:id:mileagerun:20180805081202j:plain

 

B777-300です。沖止めは飛行機の大きさを感じることができるのでワクワクしますね。

f:id:mileagerun:20180805081235j:plain

f:id:mileagerun:20180805081302j:plain

 

隣のスポットには、TGの787がこんな状態に。エンジン取り外されて、まるで解体されるような。2014年10月に登録された機体みたいなので、取替え作業なのでしょう。

f:id:mileagerun:20180805081328j:plain

 

見た目は新しい機材でしたが、中はかなり古かったです。

f:id:mileagerun:20180805081403j:plain

 

チキンとフィッシュを選べましたが、前者を選択。

f:id:mileagerun:20180805081429j:plain

 

無事にクアラルンプールに到着。

f:id:mileagerun:20180805081526j:plain 

まとめ

TGで羽田からクアラルンプールまで利用しました。遅れもなく、快適な旅でした。一つリクエストするとしたら、深夜便でたまにCAさんがドリンクを持って歩いてくれたらよかったかな。ANAみたいにボトルで水をくれるのでもいいですね。