mileage run

弾丸旅行が多いInfrequent Flyerのブログです。

【ハピタス案件】75%還元の「TOKYUルート」開通!新ルート必須のクレジットカード発行で2250ハピタスポイント

陸マイラーに朗報!「TOKYUルート」開通

最近陸マイラー界隈で最近話題になっているのが「TOKYUルート」。ドットマネーの提携先にTOKYU POINTが追加されたことにより、ハピタスなどのポイントサイトからANAのマイルに交換するための新たなルートが開通しました。

ameblo.jp

 

ハピタスなどで貯めたポイントを75%の還元率で交換することが可能です。

f:id:mileagerun:20190620113249j:plain

ソラチカルートでは毎月の交換上限として20000メトロポイント(→18000マイル)がありましたが、TOKYU POINTにはそれがありません。しかも、TOKYU POINTからANAマイルへの交換にはわずか1週間しかかかりません!TOKYUルートで交換上限らしきものは、ドットマネーからTOKYU POINTの交換上限が月10万ポイント、また各ポイントサイトからドットマネーへの交換上限でしょうか。

TOKYUルートに必須の「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

名前がとにかく長いっす。

 

ソラチカルートに「ANA To Me CARD PASMO JCBカード(通称:ソラチカカード)」が必要だったように、TOKYUルートに必要なカードがあります。それが「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」です。

f:id:mileagerun:20190607160916p:plain

ソラチカカードはJCBの発行でしたが、こちらはANAカードなどを発行している三井住友カードからの発行になります。

 

年会費は2000円ですが、次の2つの条件

  • マイ・ペイすリボに登録、かつ
  • 年1回のカード利用

を満たすことができれば、半額以下の781円+税に年会費を抑えることができます。毎年継続特典として1000マイルが付与されるので、死蔵カードにする場合は「781円+税で1000マイル買った」と考えることができます。

 

「リボ払いって、何か恐い」と思う方もいると思います。ですが、マイ・ペイすリボの毎月の支払い額を自由に設定することができるので、カードの利用限度額いっぱいに設定すれば実質的に一括払いと同じになります

 

発行するのに一番オトクなポイントサイト:現時点ではハピタス 

ぽい得サーチで調べたところ、6月22日時点ではハピタス経由の発行が一番お得みたいです。

f:id:mileagerun:20190622090106p:plain

ハピタスに行って、「ANA」と検索すれば出てきます。

f:id:mileagerun:20190622090018p:plain

必ずポイントが付与される条件をご確認ください。条件を満たせば2250ハピタスポイント、TOKYUルートで1687マイル獲得できます。数日前まで1800ハピタスポイントなので、申し込むなら今がチャンスです。

ポイントを貯めるをクリックすれば、三井住友カードのサイトに遷移します。注意して頂きたいのは、たくさんの種類のカードがありますので、申し込むべきカードを間違えないということです。申し込むのは・・・

f:id:mileagerun:20190607160916p:plain

です!

無事にハピタスからの申込みが済むと、通帳にこんな表示が出ます。

f:id:mileagerun:20190624013426p:plain

 

ご存知だと思いますが、ハピタスを利用する場合には無料の会員登録が必要です。会員登録がまだの方は下のバナーからどうぞ。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

まとめ

TOKYUルートの開通によって、ソラチカルートやnimocaルートに並ぶ別のルートができました。TOKYUルートの特徴としては

  • 他のルートに比べても75%の還元率は決して悪くない。
  • 他のルートに比べて交換ルートが単純明快であり、マイルの管理も簡単。
  • TOKYU POINTからANAマイルへの交換がわずか1週間、しかも上限なし。

など、陸マイラーデビューしたての方のみならず、ベテラン陸マイラーさんにもオススメできるルートになってます。

 

*追記(6月24日):おとといハピタス経由でカードを申し込んだのですが、審査状況を確認したところ無事に発行みたいです。これで所持するクレジットカードは14枚となります(数枚断捨離予定)。

【搭乗記】NH1便ワシントンDC→成田【ビジネスクラス利用】

栄光のNH「1」便

前回の更新より随分時間があいてしまいました、申し訳ありません。本業が忙しくて。小まめにブログ更新されてる方は本当にすごいです。

 

ANAビジネスクラスでワシントンDCを往復したときの続きです。復路のレポートはこちら。

mileagerun.hatenablog.com

ホテル滞在記はこちら。

mileagerun.hatenablog.com

mileagerun.hatenablog.com

 

4日間の滞在を終え、いよいよ帰国の途につきます。早朝から雪が振り始め、ワシントンD.C.は昨日とは打って変わって雪景色となりました。

f:id:mileagerun:20190224005520j:plain

f:id:mileagerun:20190224005545j:plain

 

幸いなことに、遅延も欠航もありませんでした。

f:id:mileagerun:20190224005623j:plain

 

ラウンジへ

チェックイン時、ルフトハンザのセネターラウンジを進められます。理由を聞いてみると、ANAの地上係員が待機しているからということでした。

 

ターキッシュエアラインズラウンジに潜入。イスタンブールにあるラウンジの規模にはいうまでもなく到底及びませんが、内装はなんとなくイスタンブールのそれを思い起こさせます。

f:id:mileagerun:20190224005711j:plain

 

食事は朝食になりそうな軽いものがありました。SeaweedとTofuの入った味噌汁もありました。飲んでないので分かりませんが、わかめと豆腐の入った味噌汁だと思います。

f:id:mileagerun:20190224005823j:plain

f:id:mileagerun:20190224005904j:plain

f:id:mileagerun:20190224005947j:plain

f:id:mileagerun:20190224010011j:plain

 

奥のほうに進んでいくとトイレ・シャワーのエリアが。

f:id:mileagerun:20190224010514j:plain

 

トイレ・シャワーエリアの目の前の窓越しに、これから搭乗するNH1便がこんな感じで見えちゃいます。

f:id:mileagerun:20190224010629j:plain

 

さらにその奥にバーカウンターのあるエリアがありました。

f:id:mileagerun:20190224010403j:plain

f:id:mileagerun:20190224010443j:plain

 

素晴らしかったのは、搭乗時間になるとバーカウンター横のドアが開いて、搭乗口にそのまま進めたことです。ANAの地上職員は実際にはターキッシュエアラインズラウンジにも乗客の確認に来て、搭乗を促してくれました。

f:id:mileagerun:20190224010223j:plain

 

出発・・・のはずが

復路のシートは進行方向左側となる8Kを確保。往路同様北極側をのぞむ席になります。こちらのほうが太陽の光が直接入ってくることはないです。

f:id:mileagerun:20190225011500j:plain

 

さて、NH1便は定刻10時55分に出発、滑走路に向かっていたのですが一旦停止。

 

滑走路手前でdeicing作業が始まりました。専用車が近づき、deicing fluidを翼には念入りに、また機体の他の部分にもかけていきます。

f:id:mileagerun:20190225012121j:plain

f:id:mileagerun:20190225012153j:plain

 

作業には30分ほどかかったでしょうか。すると「体調を悪くされたお客様がいらっしゃるため、一旦もとの搭乗ゲートに戻ります」との機長アナウンスがありました。

f:id:mileagerun:20190225012234j:plain

 

一旦搭乗ゲートに戻り、再出発したのが14時。エコノミークラスのお客さんは辛抱するのが大変だったと思います。

 

そのまますぐに飛び立つと思いきや、また滑走路近くでDeicing作業(笑)。安全のためでしたから仕方ありません。結局飛び立ったのは14時30分ごろでした。

 

食事

通常のランチタイムからはかなり遅れました。ラウンジで食べておかなかったら、空腹で仕方なかったと思います。CAさんたちも急いでランチの準備をしてくださいました。

 

帰りも洋食を選びました。

f:id:mileagerun:20190225223422j:plain

f:id:mileagerun:20190225223514j:plain

 

パンよりもコメ派なので、味噌汁とご飯もいただきました。

f:id:mileagerun:20190225223638j:plain

 

フィレ肉ステーキの焼き方は申し分なく、厚さの割に非常に柔らかかったです。

f:id:mileagerun:20190225223711j:plain

f:id:mileagerun:20190225223741j:plain

締めのデザートは、見た目の色があまり良くない甘ったらしいケーキ。

 

飛行機は、アラスカの北側を沿うように飛行。

f:id:mileagerun:20190520174207j:plain

f:id:mileagerun:20190520174240j:plain

 

空腹感ゼロのまま、例のヤツをオーダー。味噌ラーメンです。バター付き。

f:id:mileagerun:20190520174349j:plain

 

ラーメンから約3時間後、すでにロシア領内を南下中。眼下には流氷が見えます。そろそろ朝ごはんの時間です。

f:id:mileagerun:20190520174443j:plain

 

着陸前の食事も洋食を選択。その前にグリーンサラダとグレープフルーツジュースをオーダー。

f:id:mileagerun:20190520174722j:plain

 

チキンとアスパラのパスタ。

f:id:mileagerun:20190520174753j:plain

 

日本の大地が見えてきました。

f:id:mileagerun:20190520174936j:plain

 

西の空に太陽が沈んでいきます。間もなく着陸です。

f:id:mileagerun:20190520175013j:plain

 

「日本に到着〜」的な写真を取り忘れました。成田エキスプレスの時間まで、Arrival Loungeで過ごすことに。

f:id:mileagerun:20190520175109j:plain

 

私以外誰もいませんでした。おにぎり2個を食べて退散。

f:id:mileagerun:20190520175135j:plain

 

まとめ

ビジネスクラスを使って、ANAの元最長路線であるワシントンDC線を今回利用しました。いろいろトラブルがあって、機内にいた時間は相当長かったのですが、そこはさすがビジネスクラス、全く苦になりませんでした。

 

【宿泊記】ワシントンDC最後の夜はCourtyard by Marriott Dulles Airport Chantillyに宿泊

National Air and Space Museum Udvar-Hazy Center訪問

こちらからの続きになります。

mileagerun.hatenablog.com

 

ワシントンD.C.中心部のナショナル・モールにあるNational Air and Space Museumの別館であるUdvar-Hazyセンターがワシントン・ダレス国際空港の近くにあります。こちらには引退したスペースシャトルDiscoveryやB29エノラ・ゲイ号などが展示されています。私にとっては今回のワシントンD.C.訪問のメインイベントでした。

 

f:id:mileagerun:20190219235348p:plain

airandspace.si.edu

 

NH1便で帰国する前日に訪問する予定にしたので、近くのCouryard by Marriott Dulles Airport Chantillyに宿をとりました。

f:id:mileagerun:20190220170941p:plain

https://www.marriott.com/hotels/travel/iadca-courtyard-dulles-airport-chantilly/ 

チェックイン

当日早朝、アプリからオンラインチェックインをし、13時にチェックインをリクエスト。9時の時点でOKの合図が。

 

メトロを乗り継ぎ一旦ワシントン・ダレス国際空港に到着。ホテルに電話をすれば、無料シャトルバスが迎えにきてくれます。ホテルからUdvar-Hazy Centerまでの送迎もやってくれます。実はこれが今回こちらのホテルに宿泊した理由です。

部屋

f:id:mileagerun:20190220164935j:plain

f:id:mileagerun:20190220165024j:plain

f:id:mileagerun:20190220165204j:plain

f:id:mileagerun:20190220165236j:plain

全体的に古いです。部屋中探しましたが、セーフがありませんでした。これはかなりマイナスポイント。またサービスの水のペットボトルもありませんでした(ちなみに前回宿泊したResidence Inn Washington Capitol Hill/Navy Yardも水のペットボトルはなかったです)。

朝食は有料

ロビーには一応スタバがありますが、馴染みのある店舗ほどの規模はありません。店員がいつもいるわけではなく、ホテルのスタッフが代理でやってる感じでした。

 

Bistro To Goというのがあって、朝と夜に軽食を提供してくれます。私は前日のうちに、ホテル近くのSantini'sというデリでサンドウィッチを調達しました。サイズは8インチで十分です。

mysantinis.com

 

空港までの無料シャトルバス利用時の注意

朝は空港までの利用者が多いためか、事前のサインアップが必要だということでした。チェックイン時に一切案内がなかったのですが、念のためにフロントに確認して判明しました。

まとめ

今回のワシントン旅行で一番の目玉だったUdvar-Hazyセンターへの訪問のために、無料でシャトルバスを出してくれるこちらのホテルに宿泊しました。

 

ホテルとしての魅力は特にはありません。寝るだけと割り切ればOKですが、ほぼ同じ宿泊料金で無料朝食のつく他のマリオット系のホテルが近所にありますので、そちらに泊まったほうが良かったかもしれません。

 

最後にUdvar-Hazy Centerで撮った写真をいくつかご紹介します。

f:id:mileagerun:20190220185527j:plain

f:id:mileagerun:20190220190447j:plain

f:id:mileagerun:20190220190549j:plain

f:id:mileagerun:20190220190640j:plain

f:id:mileagerun:20190220190738j:plain

f:id:mileagerun:20190220190827j:plain

f:id:mileagerun:20190220190901j:plain

 

【宿泊記】Residence Inn by Marriott Capitol Hill/Navy Yardに2泊

長期滞在型のホテル:Residence Inn by Marriott Capitol Hill/Navy Yard

こちらの搭乗記からの続きになります。

mileagerun.hatenablog.com

 

ワシントンD.C.訪問にあたり、マリオット系列のResidence Innに滞在することにしました。場所はNavy Yardと言われるワシントン中心部の南側の地域です。

 

https://www.marriott.com/hotels/travel/wasxr-residence-inn-washington-capitol-hill-navy-yard/

f:id:mileagerun:20190214012050p:plain

 

Residence Innの特徴は、全ての部屋にキッチンが付いていること。スーパーで食材を買ってくればすぐに自炊ができます。また、朝食はMarriott Bonvoyのステータスに関わらず無料で提供されます。

 

最寄りの地下鉄駅はシルバーラインのNavy Yard駅です。MLBナショナルズのホームスタジアムのすぐ近くです。

 

駅からは1分ほどの距離にあります。

f:id:mileagerun:20190219132908j:plain

 

ワシントン・ダレス国際空港を出たのが10時すぎ。チョックインは16時。アプリからオンラインチェックインをし、無理は承知で到着を13時でお願いしてみました。

するとすぐに部屋の準備ができましたとの連絡が。到着したときには部屋の準備ができており、すぐにチェックインすることができました。

 

ロビー

f:id:mileagerun:20190219133937j:plain

f:id:mileagerun:20190219134214j:plain

f:id:mileagerun:20190219134251j:plain

f:id:mileagerun:20190219134334j:plain

部屋

f:id:mileagerun:20190219134443j:plain

f:id:mileagerun:20190219134518j:plain

f:id:mileagerun:20190219141424j:plain

f:id:mileagerun:20190219141522j:plain

f:id:mileagerun:20190219141713j:plain

f:id:mileagerun:20190219141807j:plain

無料朝食

ロビーで毎朝提供されます。

f:id:mileagerun:20190219142147j:plain

f:id:mileagerun:20190219142225j:plain

f:id:mileagerun:20190219142557j:plain

f:id:mileagerun:20190219142633j:plain

 

まとめ

ワシントン中心部へはメトロで簡単に行くことができます。Navy Yard地区は再開発がすすみ、歩いていても危険を感じることは全くありませんでした(もちろん、夜遅くひとりで歩くのはここでなくてもおすすめしません)。

 

ホテルの近くにはスーパーがあるので、食に困ることはないと思います。非常に快適な滞在でした。

f:id:mileagerun:20190219142506j:plain

【搭乗記】NH2便成田→ワシントンDC【ビジネスクラス利用】

ANAで2番目に長距離のワシントンDC線

成田・ワシントンDC間は、成田・メキシコシティー間に続いて距離が長い区間になります。陸マイル活動で貯めた75000マイルを使って国際線特典航空券を発券しました。

mileagerun.hatenablog.com

 

チェックイン

出発の24時間前に自動的にオンラインチェックインが完了。荷物預け入れの際に紙の搭乗券を発行してもらいました。

 

ANAラウンジ

NH2は搭乗口54から出発。出国審査を抜けて左折し、まっすぐ歩きます。

f:id:mileagerun:20190213120045p:plain

 

途中、左手にキッズルームが。子連れの場合、搭乗前に子ども体力を奪うのは大事ですね(笑)。

f:id:mileagerun:20190218144726j:plain

 

搭乗口に近い第5サテライトのANAラウンジに入場。

f:id:mileagerun:20190218144955j:plain

ホテルでしっかり朝食をとってきてましたので何か食べる気にはなりません。コーヒー1杯にしておきました。

いよいよ機内へ

ここからは写真中心で。

座席は進行方向左側、窓側に座席がある7Aを確保。

f:id:mileagerun:20190218145222j:plain

f:id:mileagerun:20190218145258j:plain

f:id:mileagerun:20190218145409j:plain

 

食事

シンガポール航空の食事の事前予約サービスBook The Cookは有名ですが、ANAにも似たようなサービスがあります(サービスクオリティーはかなり落ちます)。

www.ana.co.jp

 

日本食は日本に帰ればいくらでも食べれるので、私はいつも洋食(肉!)を選択してます。

f:id:mileagerun:20190218145651j:plain

布団みたいなものがかけられています。

f:id:mileagerun:20190218145748j:plain

肉にも(笑)。

f:id:mileagerun:20190218145838j:plain

f:id:mileagerun:20190218150043j:plain

f:id:mileagerun:20190218151321j:plain

f:id:mileagerun:20190218151158j:plain

f:id:mileagerun:20190218151424j:plain

f:id:mileagerun:20190218151513j:plain


到着後のイミグレで

予定より30分早く到着。ところが複数の便の到着が重なったため入国審査に長蛇の列。しかも入国審査官はやる気が全くなく(笑)、いっこうに進みません。90分待った末、ようやく入国。取り残された荷物は、ANAの職員が見ていてくれてました。

 

一つ驚いたことは、税関申告書が機内で配布されなかったこと。CAさんに1枚お願いしたところ、「不要になったため、機内では配布していない」とのこと。知らなかった。
 

【宿泊記】ホテルマイステイズプレミア成田に前泊

前泊に便利なホテル

翌日のワシントンDC行きNH2便は成田を10時40分に出発。念願だった長距離路線でのビジネスクラス利用の旅になります。

mileagerun.hatenablog.com

 

余裕をもって空港に行けるように空港近くのホテルマイステイズプレミア成田で前泊することにしました。

www.mystays.com

 

場所は成田空港のすぐそば。ホテルからは空港までの無料のシャトルバスが出てます。

f:id:mileagerun:20190213012735p:plain

 

Gポイント経由で楽天トラベルから朝食付きプランを予約をしました。陸マイラーならしっかりポイントを貯めましょう。

Gポイント

f:id:mileagerun:20190217092308p:plain

 

以前泊まったことのあるホテル日航成田と迷ったんですけど、いろんなホテルを試したかったので今回はこちらにしました。

f:id:mileagerun:20190213011034p:plain

 

都内からはTHEアクセス成田(バス)が便利

f:id:mileagerun:20190216213111j:plain

いつもは都内からリムジンに乗るかスカイライナーを利用しますが、THEアクセス成田を利用することに。

accessnarita.jp

成田空港行きのバスと、成田空港の隣接ホテル行きがあります。私は後者を利用しました。最初に停車するホテルが今回宿泊するホテルマイステイズプレミア成田なのも、このバスを利用した理由です。

お部屋 

f:id:mileagerun:20190216213649j:plain

f:id:mileagerun:20190216213736j:plain

f:id:mileagerun:20190216213816j:plain

f:id:mileagerun:20190216213938j:plain

f:id:mileagerun:20190216213910j:plain

寝るだけなので十分な広さと設備でした。

朝食

ガーデニアというレストランで朝食が提供されます。ステーキをその場で焼いてくれますが、牛脂を注入したお肉のようです(注:クズ肉の類とは違います)。

f:id:mileagerun:20190217085540j:plain

f:id:mileagerun:20190217090109j:plain

f:id:mileagerun:20190217090349j:plain

f:id:mileagerun:20190217090544j:plain

品揃えは普通。「朝食が美味しい」との口コミをよく目にしたのですが、私には普通でした。

その他

ホテル内に小さいながらファミリーマート、ちょっと歩けばセブンイレブンもありますので、食べそびれて空腹に苦しむことはないでしょう。

 

ホテルー空港間の無料バスが出てます。忙しい朝でも30分間隔での運行ですが、バス自体は大型なので、満席で乗れないってことはなさそうな気がしました。

https://www.mystays.com/en-us/-/media/mystays/hotels/bus-time-table/msp-narita_bus-between-nrt-to-htl.pdf/

 

まとめ

スタッフの方もきちんとした対応でした。ビジネスホテルと割り切れば悪くないホテルです。次回の前泊時にも候補に入るホテルです。

 

【一律¥37800】航空券+ホテルのツアー料金が異なるホテル、異なるプランで同じになる不思議【エラー?】

3月福岡に出張

3月に1泊2日の出張が決まったので、航空券+ホテルのプランを探してました。最初に見たのが楽天トラベル。往路とも希望の便は決まってたので後はホテル探し。「どこにしようかな〜」とサーチしているとあることに気づきました。

 

どのホテルも¥37800ばかり。

しかも、朝食なしも朝食付きも同じ価格。

 

例えばハイアットリージェンシー福岡。朝食なし。

f:id:mileagerun:20190212102255p:plain

朝食あり。

f:id:mileagerun:20190212102318p:plain

 

クラウンプラザホテル福岡。朝食なし。

f:id:mileagerun:20190212102655p:plain

朝食あり。

f:id:mileagerun:20190212102722p:plain

 

ボーナスマイル付きプランのあるANA SKY WEB TOURの旅作も¥37800!

もしかして・・・と思って、ボーナスマイル付きプランのあるANAの旅作もチェックしてみることに。日付、往復の便、条件を全て揃えて「朝食」「マイル付きプラン(よくばって1000マイル以上)」で検索。

f:id:mileagerun:20190212103407p:plain

 

 

 

でた。

 

f:id:mileagerun:20190212103648p:plain

 

これはホテル法華クラブ福岡の例。ボーナスマイルなし=1000マイル=2000マイルが成り立つ驚異の結果。

f:id:mileagerun:20190212103809p:plain

 

迷わず、禁煙ルーム、朝食付き、2000マイルのボーナスマイル付きのプランに申込することに。

ポイントサイト経由で予約してポイントの二重取りが鉄則!

バカ正直に直接公式サイトから申込したらもったいないですね。ポイントサイトを経由してマイルに交換可能なポイントを稼ぎましょう。

 

私の場合、今回はGポイントを使いました。こちらを経由してANA旅作を申し込みし旅行を完了することで1300ポイント獲得できます。LINE経由の新ソラチカルートに乗せると、Gポイントの交換手数料還元サービスが使えなくても、ANAの900マイルほどに交換することができます。

f:id:mileagerun:20190212101545p:plain

Gポイントの会員登録は無料です。登録がまだの方はこちらからどうぞ。

Gポイント

 

まとめ

一部の高級ホテルを除いて、どこもかしこも、どのプランも一律¥37800なのは衝撃でした。なぜそんなことが起きているのか謎です。とにかく、往復の飛行機代+ホテル1泊分(朝食)+ボーナスマイル付きでこの価格は驚異的だと思います。

 

今回の出張で獲得できるマイルの内訳は

  • 2000マイル(ボーナスマイル付きの旅作)
  • 792マイル(往復のフライトマイル、ANA SFC GOLDカード持ち)
  • 900マイル(新ソラチカルート経由で交換するGポイント)

合計3692マイルが手に入りそうです(個人のクレジットカードで立替払いするので、さらに400マイルぐらい上乗せになります)。